ぶら下がり日誌〜ボルダラーへの道〜

子育て、仕事、パン、文具。ときどきファミコン。

2021-01-01から1年間の記事一覧

守銭奴

そして父になる、ということで、またしても蓄財について考えている。 krokovski1868.hatenablog.com 「子育てにかかる費用はいくらくらいなのだろう」そう思ってGoogle先生に質問したところ、2000万円という答えが返ってきた。あれ、老後資金も2000万円って…

浜堂

この20年近く右腰に違和感を抱え続けている。もともとは受験勉強で机にかじりついていたせいだが、後年岩にかじりつくことになるとその時は思っていなかったのだから仕方がない。 施術師によると右の骨盤だけが寝ているそうである。骨盤なんてそう動くものと…

舞茸

つくづく、継続は大事だと思う。続けていなければすぐに元に戻ってしまうようなアクティビティにつきこむ場合、それを支えるのはもちろんモチベーションだが、それ以上に預かって余りあるのは習慣の力である。 習慣づけの上手さには自律心が絡んでいる気がし…

クリーンナップ

年末に向けて、デジタルディバイド後進組からの手紙。 *** PCが重い時の対処法。 1 ファイル名を指定して実行 2 「temp」「%temp%」 「prefetch」と入力 3 出てきたファイルを削除 4 再起動 迷うファイルはスキップしていい。大部分のファイルを消すだけ…

Ghost in The

太りすぎがたたったか、人生で初めてガングリオンができた。左手首である。家人によると、好発部位であるとのこと。 すぐさま家人に鍼で治療してもらって事なきを得た。患部に鍼を刺して押すという、いささか乱暴なやりかただが、明らかにこぶが小さくなった…

島人

「早く行きたければ一人で進め。遠くへ行きたければみんなで進め」ということわざがアフリカにあるそうだ。 もともとは「サバンナはハイエナだのライオンだのいろいろ出るから一人でさっさと行くのはいいけど危険だよ」という意味だった、かどうかまでは知ら…

ガザミング

「わが家でできるお魚くっきんぐ かにシリーズ」によると、松葉がにの項目には次のように記載されている。 *** 「ずわいがには、その生育地により味わいがそれぞれ微妙に異なるため様々な地方名で呼ばれています。 「松葉ガニ」とは、ズワイカニのオスの…

Powerhouse

「彼は英雄ですか?」 「においはあるな」 *** モチベーションの源泉や、職業的良心の出所といったものについては、本人に訊ねても要領を得ないというのが通例である。ボルダリングにおいて、ある種の修羅にムーブを聞くのと同じだ。心技体の次元が違う場…

ひとマスもどる

まだ未定。いま現在。 *** 年齢序列を年功序列に変えるのは難しい。既得権益があるからだ。それに、年功序列にすると、上の世代が経験を共有しなくなったり、仕事を手放さなくなったりする恐れも出てくるから、ことはそれほど簡単ではない。 最近、降格に…

がま磯イージーライダー

まれに上長から「よくやった」といわれても一向にピンとこないまま、ゆうに10年以上たっている。 *** おもうに、いくら幸運なケースであっても、はじめからずっと夢中でいられることはすくないのではあるまいか。途中で必ず辛いことがでてくる。そのとき…

Scoop

永久カレー=ルー足し。 *** 調子に乗ってカレーなど食べ続けていたら、にきびができてしまった。参るねえ。 最近になって気がついたのだけど、カレーの皿を置くときの向きを、何となくいつもルーを左に、ごはんを右にしていたが、これは、スプーンに飯粒…

皮算用

だらけられるだけ、だらけるままになっている。 *** そして父になる、ということで、このところカネについて考えている。 現状、収入源がひとつしかないので、なかなかに心もとない。さりとて副業はおおっぴらにはできないし。不労所得のような形が理想だ…

脳会

油断を許さない、気になって朝も起きられない、などと言われると、なぜだかニコニコしてしまう。 記事数が500を超えたら節目に何か書こうと思っていたのに、気がついたら通り過ぎていた。 *** いつのまにか年末が近づいている。年末があるからには年始が…

Human Nature

「これまでと思えばそれまで、まだまだと思えばまだまだ行ける。職人とはそういうものである」とどこかで読んだ。真偽まではわかない。 *** 読みも勘もそこまで違いはない。たぶん読みの手前は当てずっぽうで、読みのレベルが低いのがヤマ勘、経験によっ…

娑婆駄場

書物のほんとうの喜びは、なん度もそれを読みかえすことにある。 *** 問題の言語化と構造化のためのtips。 1 自分が問題だと感じていることに関係のありそうなことがらをすべて列挙する つづいて 2 それらの関係を表現してみる 3 それらを組み立てる その…

イードンモンゲンマー

無知とは現代における最高の贅沢である。 *** 何をしても、何を言っても何らかの立場を取らざるを得ない。すると必ず反対の立場の人間が現れて議論が始まる。議論が盛り上がってくると、誰かが武器を持ち出す。戦争のはじまりである。 それでは困るからと…

浄眼

コンタクトレンズは涙の海に浮かんでいる。 *** プラスティックの眼球は、傷がついたりするとたいへんだから、きっと日ごろの手入れに気をつかわねばならないだろう。 私もときどき眼球をとり出して洗ってあげたくなる。眼とヒョロリとした尻尾のような筋…

狼よさらば

ひところ水筒男子がもてはやされた時期があったと思って、いまさらながら乗っかろうとしたらブームはもう10億光年くらい遠くに去ってしまっていた。乗り損ねたんだな。 知人からスターバックスのボトルをもらったので、使わないのもアレだからめげずに何と…

いぬの毛になる

なってどうするのかまでは知らぬ。 *** 仕事中の徘徊は望ましくない、と言われたので―イエローカードだそうだ―、椅子にへばりついている格好である。何ともツライ。お尻が痛い。 こないだどこぞの会社の受付さんと飲んだ時、シフトが決まっていて担当の間…

ばくはつ五郎

というアニメがあるらしい。その原作は『ばくはつ大将』であるらしい。『いなかっぺ大将』みたいな作品であろうか、と字面だけ見て想像しているが、全然違うかもしれない。 *** 朝はそれほどでもなかったのに、夕方にかけて腰が痛くなってきた。そして、…

小確幸

釣研のキャンペーンにチマチマ投稿していたら、ポイントが貯まってエギをゲットすることができた。タダで1,000円もらったようなものである。懸賞に当たるのもこういう感じなのだろうか。知らんけど。 釣具メーカーはちょいちょいこういうプレゼントやキャン…

チューブラー

選択はかつて選ぶものだったが、いつの間にか選ばされるものとなり、いまや選択の本質はいかに選ばされるかの一点にあると言っても過言ではない。選択は幻想であり、「選んでいる」というのは思い込みに過ぎない。 これに対し60年代のある連中は「みんなぶっ…

ある日のビジョン

「大切なのはビジョンだ」(レイモンド・スコット) *** 困っている人間を助けたいと思うのは、自然な感情だと思う。ジュツテキソクインの心ってやつ。 でもひとたび組織に入ったからにはそんな感情は不要どころか害でもある。何故かって? 欧米流のビズ…

Box Therapy

パソコンを日常的に使い始めたのは大学に入ってからだが、その頃はまだ、レポート書いたり、たまにネットを見たりする程度だった。 学内のパソコンがまだフロッピーディスクを受け入れていた時代である。 そのうちに学校の端末が一斉にMacに替わって、そのと…

Magic Pot

やりがいは落ちているものではないそうだ。探し求め、見出すしかないと、そういうことか。 *** 専門性を高めた結果、仕事が属人化して組織効率が下がる。仕事を手放さない人になってしまわないように、塩梅が重要ということだろうか。 しかし誰でも同じよ…

もっと不思議

昨日、スーパーファミコンソフト『トルネコの大冒険』をクリアした。初見から30年ちかくたっている。 このゲームの開発者は天才ではないかと思う。敵やアイテムやワナの配置が毎回絶妙で、なんどプレイしても飽きない。 いつかの記事にも書いたけれど、「100…

ディエンビエンフー

怒りは意図の反射から生じる。望まぬものが返ってくる度いつも眉を吊り上げるのは良くないとは思うものの、怒りを避けようと意志をも薄めてはならない。 望む仕方、意志の持ちよう、受容のありよう、これらを閲し、吟味し、調整して、彫琢していくことだ。あ…

宿酔

頭がいたい。割れるようだ。医学は日進月歩で発達しているようなのに、はるか昔から続くこの痛みを止めることができんとは。二日酔いの歴史、それはアルコールのそれとほぼ同時にはじまった。そして現在に至るまで続いている。 原因は2つ考えられて、ひとつ…

泳げ、青い鴨

人間の主たる構成成分は、才能や技能ではなく、性格である。そして性格は世間の海を泳ぐ中で不断にかたちづくられる。 しかしながら個々の人間はひとつの性格を完全な形で持つことは出来ない。完全な性格を持ったが最後、その人間は性格にとって代わられてし…

ヘリコバクター

ピロティ。いや、ピロリ。 *** クモは家の中の害虫を食べてくれる、ということで、見かけてもそのままにしていたら、徐々に大きくなっている。チャスジハエトリという小型のイエグモの一種で、事務所などでも時折見かけることがある。黒いボディの背に白…