ぶら下がり日誌〜ボルダラーへの道〜

子育て、仕事、パン、文具。ときどきファミコン。

2022-12-01から1ヶ月間の記事一覧

パパちゃん

子どもは自分より年上で何かを教えてくれる人を先生と呼ぶ。「先生と呼ばれる度に人間は馬鹿になっていく」と書いたのはたしか團伊久磨、だったと思う。 幸か不幸か今のところそうした事態には至っていない。これからもないだろう。 *** 育児本で読んだti…

映画の話12

『キャリー』(ブライアン・デ・パルマ、1976年) *** 相当な残酷映画ではあるものの、テーマが何だったかと言われるといまひとつ判然としない。ホラー映画と割り切ってしまえばビビらせたもの勝ちであるともいえるのだが、目立った恐怖シーンは最後の箇…

ちびくろ

我々の動きを目で追って自らの頭の重さに振り回される息子。その息子に振り回される我々。 *** われわれはもう十分に知っている、このチョークはフリクションがいい、あのチョークはもっと指に馴染む、三番目のはいっそう純度が高くて、四番目のははじめ…

頼母子

息子は毎晩、世界とたたかっている。 *** 乳児という存在は、まだこの世界に自分自身をうまく定位できていない。したがって夜が来て周囲が闇に閉ざされると、自身を容易に見失って、恐懼するのである。そのとき彼らが現世と唯一の接点とするのが母の乳房…

せんといけん

「よいうなぎは身ではなく、皮目に脂がのっているものだ。だからベシャベシャにならず、脂にキレがあるのでくどくないのだ」(『魚河岸三代目』) *** 妻の実家からナメタガレイが届いた。瀬戸内のカレイとは巨きさの桁が違う。子持ちの輪切り状態で送ら…

事の難易と時の長短を比較せずして、時を計ること寛やかに過ぎ、事を視ること易きに過ぐ。事業を遂げざる所以なり。(福沢諭吉『学問のすゝめ』十四編) *** ときどき目標の成否や得失について棚卸しをする。蹴り倒してしまうハードルが出るのを受け容れ…

不良中年

受けた教育については語るまい。数えるほどしかないのだ。(『地下鉄のザジ』) *** 件の餃子屋の壁から拾った生活訓。 ・人には馬鹿にされていろ ・怪我と災いは恥と思え ・朝機嫌良くしろ ・人には腹を立てるな 他にもいくつかあったが忘れてしまった。…

Grapevine

先日、久しぶりにお鮨屋さんに出かけたら、大将がいろいろの話をしてくれ、今昔の感に堪えないようだった。 ―今の人は夢を見づらくなったね。昔は勉強がダメでも肉体が頑丈なら仕事がいっぱいあった。港の荷物なんて人間が運んでたんだから。100kgくらいの荷…

木地師

どんな動物でも、群れを率いるボスは挑戦を拒否できない。拒否することは敗北を認めることであり、ボスの座を降りることを意味する。 *** 組織には責任の所在というものがなく、いったんことが起こればけむりのごとく問題をうやむやにしてしまう。固陋な…

ちょいちょい

あきらめるところから舌が回り出す。あきらめることによってどうにか筆がすべりはじめる。 *** 困ったときの質問(それ、~?)。 ・状況、行動、主体、手段、方法、目的、結果 ほかに比較、前提、仮定など。 兎にも角にも、忠告とは自分がするものではな…

雄武

つつあるにとどまる、などと言われると、思わずニコニコしてしまう。 *** 今は無き餃子屋で採取した相槌。 ・想像がつきますね ・ややこい ・酷ですね ・大変ですね ・~の愚痴だろうな ・そうですね~なのに 何かを解決する必要はない。事実確認もいらな…

映画の話11

『自転車吐息』(園子温、1990年) *** 起こしてはならないものを起こしてしまっている。理性が脆弱な感情に負けてしまっている。 ウダウダを突き抜けるだけの力はない。ウダウダは解消されずに澱として沈み続けることであるし、また生きていくことはそれ…

パウリスタ

「~どこ行ったか知らん?」 「置いたところにあるでしょう?」 ―たしかに。 *** コーヒーを日常的に飲みはじめたのは、確か小学校の高学年からだった。コーヒーがないときは、紅茶を飲んだりしていた。ンー、ナマイキだ。 中学校に上がってしばらくした…

肉圧

派手すぎずそれでいて大胆なスタイル。振り袖ほっぺに腿モチ。上下ともにモチ。モチのセットアップ。全身モチマン。 ・・・息子がムチムチになった、というだけの話。 *** 今年も鴨がやって来た。父の知り合いが毎年この時期になると届けてくれるのである…

万古不易

学問とは心を澄ませ感受性を守る道である。これホント。 *** 昔は騒がせ屋と処理屋がはっきりしていたが、今は騒乱は未然に察知され起こりを抑えられ、建設はとうに済んで安定を維持するのが主だから処理も目立たない。結果として搾取と横暴はブラックに…

とかって

昔から肉が取れる獣類をシシと言ったそうだ。シシ=肉であり、イノシシのほかにもカノシシ(シカ)、クラシシ(カモシカ)がいる。そうしてみると『もののけ姫』のシシ神などは、さしずめ三種混合といえようか。 *** 息子が四種混合で泣き叫んだ話、では…