ぶら下がり日誌~ボルダラーへの道~

釣りときどき岩、そして

ムーブができない理由?

 そりゃあいろいろですけれど。何か?

 

 ムーブの蓄積、すなわち動きの引き出しを増やすことが大事だと言われて自分でもそう思ってここまで来たが、それがどういうことなのか、最近、ほとほとよく分からなくなってきた。ムーブ、それは思うよりはるかに緻密で複雑で、身体の記憶とでも書いたほうがよほどしっくり来る。

 

 バックステップだのヒールフックだの、名称でとどまっているレベルでは、何度くり返してもフィジカル以外に大した意味をもたらさない。自分にとって簡単すぎるルートを何となくトライするのは指皮と時間の無駄だ。

 

 身体の記憶、すなわち身体感覚のレベルでものを考えるのは、少なくともすぐにはできないムーブのときで、だからこれはある程度打ち込んでいく中で各自が発見するものであるように私には思われる。限界付近の挙動をくり返して、身体がそれを記憶して、脳みそで言語化して、身体にフィードバックして、検証していく。そのくり返し。

 

 データロガーとなる身体はたぶんものすごく高性能で、実は問題は自身の身体の感性の把握と言語化にある気がしてきた。われわれは、身体が記憶した精密きわまりないログを眺めることはできるのに、それらが何を意味するのか分からないのだ。

 

 良いフォームの練習がこれとどう関わるのか、また少しよくわからなくなっている。自分にとって難しすぎる課題では、完登しようとする以外に何も考えられないから、フォームもへちまもないものなあ。

 

 ひょっとして何も考えずに難しい課題に打ち込み続けることが・・・いや、それで向上するには身体の強さと気づきが不可欠で、それではセンスのひと言で片づけられてしまう。

 

 ギュリッヒの言うとおり、クライミングでもっとも重要な筋肉は脳である、ということか。