ぶら下がり日誌~ボルダラーへの道~

釣りときどき岩、そして

シューキーパー

 クライミングシューズのサイジングは難しい。世の中の難しいことランキングがあったらそこそこ上位に入るんじゃないかと思うくらい難しい。

 キツすぎるシューズを買ってしまったら、迷わずシューキーパーを買おう。1,000円ので構わない、前後と左右に広げられれば何でもいい。ひとまず履けるようになります。

 こんなものを使うのは良くないのではないかと思ってずっと敬遠していたのだが、試してみたら正解だった。少しずつ伸ばして、さいごに自分の足で微調整するのは全然難しくない。

 ちなみに、ビニールをつけて履き続けても、汗を吸わないので伸びにくい。リンスに浸けても効果はうすい。この辺はアッパーの素材にもよるけれど、劇的に伸びたりはしない。アッパーがシンセであれば殆ど伸びないし、スエードなら伸びる。紐、ベルクロ、スリッパだとスリッパがいちばん伸びる。何せサイジングは実際に履いている人から聞くのが吉である。

 ウェブ上にファイブテンやスポルティバのサイズ表が載っているが、彼我の足型の違いのせいか、けっこうズレがあると感じる。エッジアンドソファのサイズ表―いまもあるのかな―が、われわれにとって身近でためになるであろう。

 個人的には、よほどの理由がない限り、ビニールをつけないと履けないような靴は小さすぎると思う。とりあえず履いて足先に力を込めることができてナンボである。ちなみに、伸びるといっても靴底が伸びるわけではなく(これは不可能事です)、アッパーの部分が伸びて変形するだけである。

 したがって、あまりにも小さいサイズを買って、無理に伸ばして履いたとしても、指先のポイントと靴本来のポイントがズレて、ポテンシャルを十分に活かしきれないおそれがある。逆にあまりにも大きいサイズを履くとダウントーの恩恵は受けられない。エッジと足先の間にはどこまで行っても距離があるけれど、ポケットやちょっとしたクラックにつま先をねじ込むことを考えると、個人的にはエッジはあった方がいいと思っている。この辺は好みの問題だろう。

 もろもろ加味すると、買う時のポイントは、少なくとも履くことができて(当たり前だ)、つま先に力を込めることができ、どこも極端に痛いところがなく、足先のポイントが合っていると感じられる、これが最低条件だ。反対に、靴の中でつま先が余裕で動いてしまうようなら大きいし、どこかに隙間が感じられる場合も避けた方がいい。

 とくに踵が浮いていると、ヒールをかける時の感覚がかなり変わるので、注意が必要である。ファイブテンのある種のヒールのように潰してかけるものもあるが、基本的にはフィットするものを探す努力をしよう。

 案外、ウーマンの方が踵が小さくて都合がいい場合もある。ローボリュームと聞くと、幅広甲高の男性にとってはそもそも選択肢から外れてしまいがちだが、サイズを合わせれば存外合う可能性がある。欧米のサイズ感を考えれば、東洋人男性にウーマンがフィットしても不思議ではない。

 つま先を合わせると踵がゴツくなってヒールの感覚が甘くなることはあって、そんなときにウーマンを試してみるとピッタリくることもある。

 総じて、全てを兼ね備えた一足というのは、オーダーしない限り、かなり難しいと思った方がいい。そのぶん夢と希望を託せると思って靴を選ぼう。パートタイムクライマーとしては、2、3足を使い分けるのが現実的ではなかろうか。エッジングとスメアは両立しないし、ダウントーとトーフックも両立しづらいし、スリッパはどうしてもヒールに難がある。

 昨今のシーンを反映して、柔らかめ一本ベルクロがインドアのひとつのスタンダードになりつつある感じはするけれど、ある程度の硬さが欲しい局面はどうしても出てくるものね。ジムだとトーフックをわりと使うし、ハリボテを走ることもあるからなあ。少なくとも「履ける限り小さい靴を選ぶ」というのは昔の話だと思った方がいい。

 購入して初めてジムで履いて、少なくとも10分くらいは課題をトライできる、それくらいの感覚を目安にしてはどうだろうか。大きすぎる靴を買ってしまうことを恐れる必要はない。ボルダラーならインドアリード用のトレーニング靴にするとか、使い道はいろいろある。足指でホールドを掴む練習にも使えるだろう。

 最近はいよいよシューズの種類が増えてきて、国産ブランドもできて、シューズ選びはますます悩ましくなっている。心おきなく悩もう。