ぶら下がり日誌~ボルダラーへの道~

釣りときどき岩、そして

Tips(1)

 ひとつのエントリにするほどではないが、なんとなく気になる、そんな話をまとめておく。

 

・フィッシュオイルを3-4000mg摂ると筋肉痛が和らぐ

 ホンマかいな。根拠までは調べていません。

 

・「オンサイトトレーニングはミュージシャンが読譜の練習をするようなものだ。上達には練習あるのみである」(byスティーブ・ハウス)

 ンー、たまには行ったことのないジムに出かけてオンサイト練習をしようかな。「気持ち悪いな〜」と感じるムーブが出てくるのは良い兆候なんだって。

 

・仲間とクライミングの実況を観戦しよう

 アホかと思うかもしれんが、クライミング仲間とワールドカップなど観戦すると面白い。言語化することでムーブに対する理解が深まるものと思われる。

 

・空腹のままクライミングしない

 最後に何か口にしてから3時間以上空かないように糖質を摂りましょう。血糖値が保たれてエネジャイズされます。インドアのセッションの時にでもいろいろ食べてみて、パフォーマンスに違いが出るか比べてみよう。

 

・ビートルートジュースがパンプに効く

 たぶん一酸化窒素で血管拡張するという意味合いだろう。気になる向きはレタスを食いまくって効果があるか試してみよう。ビートルートジュース云々が本当にパンプに関係あるのなら、筋トレ系のサプリには同様の効果を狙ったものはけっこうあるから、摂ってみてもいいのかな。

 

 

 総じて、痛みや辛さというのは、こらえることも大事だが、やはりバランスというか、減らす方向で考える必要もあると思う。あくまで基本はナチュラルな状態に軸足を置きつつ、何かあった時に「こういうときはこうする」という自分なりの引き出しをつくっておくことは、実生活においても適用できる考え方であるように思う。