ぶら下がり日誌~ボルダラーへの道~

釣りときどき岩、そして

強者の流儀?

 クリス・シャーマはトレーニングをしていない。最近は取り入れたみたいだが。デイブ・グラハムや、アレックス・オノルドも基本そのクチですね。

 

 トレーニングしろと言われて「いやだって「トレーニングなんかしない」と公言して憚らない強者もいるし」などと返したくなるのやが、その返しが言い訳に過ぎぬ理由を考えるより、実は彼らのクライミングが結果としてトレーニングになっているんじゃないかと、そんな仮説を立てた方が早いような気がふと、したのです。

 

 たとえばシャーマ氏がルートを開拓したとして、ボルトを打って、トライする時、ひとまずトライしてみて、いくつかのムーブができない、というような地点から始まる筈だ。そして彼が複数のプロジェクトを同時に持っていることはよく知られている。フレッシュなメンタルを保つためだそうです。

 

 ともあれ、プロジェクトの初期段階では非常に短いセクションをつなげようとすることになるだろう。この段階は、ロープをつけた限界ボルダリングといえるよな。それを終えた時には、パワートレーニングが完了しているというわけ。

 

 そうして、ある宿題の全ムーブができるようになった時、その課題用のパワートレーニングが終了して、セクション化に入る。で、セクション化が終わったら、セクション同士をつなげて、それができたらレッドポイントトライ、すなわち全つなげに入る。

 

 これってまんまパワー→パワーエンデュランスエンデュランスの流れじゃないか。これでさらに長くてパンピーなルートから短くボルダリーなルートというように複数の宿題を行き来するならば、刺激が変わってますますプラトーに陥りにくくなる。

 

 おそらく、実際には「セクション化までは行ったプロジェクト」、「まだ核心部が解決していないプロジェクト」、「全つなげがあまりにも難しくいったん放置したプロジェクト」、「昨日ボルトを打ってみてすぐにでもトライしたいルート」のような感じになって、モチベーションに応じてトライしているのじゃなかろうか。

 

 複数の宿題を時に応じてトライすることで、宿題を打ち続けながら煮詰まるのを避ける・・・本人のクライミングのルーティーンがそのままトレーニングになっている説。  これは強いわ。

 トレーニングしている自覚がないから、それ用にテンションを維持する必要がないという。常にナチュラルにモチベーション最大。週末クライマーにも適用できんかな〜。