ぶら下がり日誌~ボルダラーへの道~

釣りときどき岩、そして

Tips(3)

 ポール・ロビンソンによるTipsを見かけたのでメモ。

 

1 足を見て置いて、置いたのを見て、それから動く

 足がきちんと置いているのを目で見ることで、脳がそれを認識するので、より立ち込めようになる。

 

2 足を切ったときにハーフロックして身体を締める

 振られの半径が減る。さらに上体を積極的に締めることで、振られ自体を殺せることもある。これにより、悪いホールドに飛んでも耐えられる局面が増える。

 

3 スメアの位置に気を遣う

 回転しながら落ちた時は、適切なポジションに入れていないサインである。対角の位置にスメアするなどして工夫すること。

 

 続いて2時間のボルダーセッション後のワークアウト10種が紹介されていたのでこれもメモ。このうちの5つをその日の様子に合わせて選び、週3〜4回登っているなら、週1〜2回行えばよいとのこと。キャンパに関しては3セットでセット間レストは5分。8〜10はとくに回数等の指定がなかったので、通常の補強トレと思えばよいだろう。

 

1 懸垂

 最終的には10回10セットらしいが、最初は3回10セットからでよい。ハングボードのいろいろなホールドを使って行う。

 

2 片手ハング

 7〜10秒できてしまうようだと易しすぎる。4〜5秒がスイートスポット。それ以上できてしまうようなら、空いた方の手に重りを持つ。

 

3 マイクロホールドぶら下がり

 5秒ハング×5秒レストを5回くり返す。

 

4 キャンパスボードで最大距離

 取れなくてもいいから左右で出来る限り遠くに手を出す。

 

5 1-2-1-3-1-4-1〜

 小さいラングを使わないこと。

 

6 パワースロー

 

7 キャンパシングのクロスオーバー

 ボードの端から端へクロスでつないでいく。

 

8 腹筋ローラー

 

9 クランチ(腹筋)

 

10 腕立て

 

 強度の調整がしやすいし、取り入れやすそうだし、気分に応じて選択する余地もあるし、これなら続けられるかもなあ。目安はひと月だそうです。