ぶら下がり日誌~ボルダラーへの道~

釣りときどき岩、そして

指(7)(to do or)

 指トレについて検索を始めたが最後、広大なネットの際限なき考察の波にのまれて、見たこともないところまで押し流されてしまう。指のことを気にしたことのないクライマーはまあ、いないものな。

 とはいえ情報を共有して更新していくことは大事だから頑張ってバタバタしよう。そのうち上手に泳げるようになる筈だ。

 

 指トレは当然にヤバみあふれる鍛練だから、入念なウォームアップが最優先です。最低10分、イージーなクライミング、ウェイト、自重エクササイズ、それからリストカールだのハンドグリッパーだの手のエクササイズが来て、最後にジャグにぶら下がる、とか。億劫だなあ。

 

 4秒以上ぶら下がれないようなら怪我のリスクがあります。10秒以上ぶら下がれるなら簡単すぎる。スイートスポットは6秒前後。初めての人は細かいことは考えない。プラトーになるまで継続してから変数をいじろう。

 

 続いてフィンガーボードトレで荷重を減らすための方法。片足をついたり椅子を置いたりするのは面倒です。カウンターウェイトはもっと面倒。なので片手だけマシなホールドを使おう。

 

 目的は強くなることで、パンプすることではない。指トレは疲労感とは無縁であるべきかと思われる。もちろん、弱点または目標課題に必要な指力を鍛えるのが本筋である。

 

 ポジションはひとまずオープン、ハーフクリンプ、クリンプの3種で。ピンチは重要だけど、ピンチブロック等を使った方がベターな気がする。ぶら下がりで実施する場合、取りつけ方によっては手首だかを痛めやすい、とどこかで読んだ記憶がある。

 

 何せ進歩には時間がかかる。毎日ぶら下がるのは推奨しません。はじめのうちは週2回くらいで十分だろう。イメージとしては農業みたいなものか。播種、育成、待機、みたいな。促成栽培とかムリみたいです。

 

 まあそれでも、どんなに忙しくても、指トレ自体にそこまで時間はかからんのだよな。アップを入れて15分くらいあればできる。だからこれはできるかできないかではなくて、やるかやらないかだ。