ぶら下がり日誌~ボルダラーへの道~

釣りときどき岩、そして

What Goes Up

 Must come down.

 Blood, Sweat & Tearsにそんな曲があったなあ。いえ、パフォーマンスの話です。

 

 以下、トレーニング計画あるある。

 

1 身体の状態よりスケジュールを優先してしまう

 とはいっても、ねえ。指がちょっと痛むとか、いつもより勤務時間が長かったとか、そういう違いをスケジュールに柔軟に組み込んでしかも質を保ちつつ長期的に継続していくって、簡単じゃない。というか難しい。少なくとも自分が思っていたよりはるかに難しいと、近頃つくづく思う。

 

2 トレーニングプログラムを実施して成果が出なかったとき、「効かねえじゃん」と思ってふて寝する

 やけ酒する前に、ちゃんとやりきったか自問する。「ちゃんと」なんて言葉は好きではないのやが。たしかに、トレーニング中に一時的に登れなくなるとそれが嫌でトレーニングの方を軽くしてしまったり、途中で飽きてちょっと中身を変えたり、夜更かしして寝不足で回復しないままトレーニングに臨んだり…思い当たる節だらけや。

 

3 目標を設定する

 当たり前すぎて忘れていた。たとえば8週間後には〜ができるようになっている、とかそういうの。できるだけ個別具体的で、数値にできそうなものにすることが重要。つまりパフォーマンスそのものを目標にしない方がいい。たとえば「三段登る」とかそういうの。

 目標を決めたら、それに向けて逆算していく。締切りに向かって仕事を組んで行くのと同じだな。

 

 …もしかして仕事ができる奴はトレーニング計画を完遂できる素地がある、のか? うわ、仕事ができないからいつもトレーニングが尻切れトンボなのか? いやいや、裏は必ずしも真ならず、だったよな。  

 

 なんだか気が滅入ってきた。このくらいにしとこう。