ぶら下がり日誌~ボルダラーへの道~

釣りときどき岩、そして

葷酒

 これまたどこかで読んだのだけど、上達が止まる原因のひとつに「同じ課題を打つ人間が少なくなる」というのがあるらしい。その課題を打っている人間か、アップで登るような人間が大勢いれば、話は変わってくるよな。本来はそんなもの関係ない筈なのだけど。

 

 実際にその課題が目の前で登られるのを見ると、登れそうな気がしてくるから不思議なものだ。「あ、あんなサラッとできるんだ」と思うと、それだけで身も心も軽くなるような気がする。あとはムーブかな。「このムーブでやってりゃできるのか?」と疑いながらトライするのと、すでに成立するとわかっているムーブを起こすのとでは雲泥の差がある。

 さらにそいつに動く時の意識を聞いてみると、同じホールド配置で似たような動きを起こしているのに、まったく違うイメージを持っていることがわかったりする。こういうのも面白いよな。

 

 まあ、コミットメントがその程度なのだと言われればそれまでなんだけど。これでは他力本願と言われても仕方がない、か。参るねえ。