ぶら下がり日誌~ボルダラーへの道~

釣りときどき岩、そして

雨の日と

 アゴタ・クリストフの『悪童日記』に「形容詞と副詞を使わない」ことについて書かれているらしい。また、文章に限らず、表現というものは不自由にした方が面白いものができる、とも聞く。たしかにそうかもしれない。

 

 とはいえ、それってかなりの縛りだな。私も表現にもっと制限を加えて、何が起こるか見てみようか。クリシェ禁止、「でも」禁止、「〜という」禁止に加えて、ひとまず形容詞を禁じてみよう。

 

 毎日毎日オフィスで一週間くらいの登りの予定を立てるのだけど、その通りのことを殆どできていない。家に帰ると気分が変わるからである。My mood changes at the drop of a hat.

 

 もっと言うと、午前中に立てた予定が午後にはもう変わったりする。できるだけ改良しようという意識からだが、予定を考えるだけで時間をずいぶん使っている。黙って始めた方がいいんじゃないか。

 思うに、予定を立てることに汲々とするよりも、セッションの後に、実施したことを記録するよう心がけるべきなのだ。実際にしたことを蓄積していかないから、予定にも実が入らないのである。

 

 しかし終わった後に記録するのは気が乗らない。予定を立てているときに充実しているんだろう、きっと。