ぶら下がり日誌~ボルダラーへの道~

釣りときどき岩、そして

ヘイル

 ホップ。緑のエビスがたまに店頭にお目見えするとそれだけで嬉しくなっちまう。

 

***

 

 こないだ「クライマーにはなれそうもない」と書いておいて、岩場に至る坂道を登るのがおもしろくなってきている。登坂速度は控えめに言って頗る遅いし、さらに坂道はツラい。なのになんでか。

 

 ひとつには計測したからかな。近頃はスマホアプリでタイムやら平均速度やら獲得標高やら最高速度やら、ボタンひとつでわかる上に、同じルートを走っている他人の記録を見ることもできる。

 

 そしてひとりタイムアタック自体もいい。何がいいかって「PB更新!」などと表示されるとそれだけで満足してしまう。他愛ない、と言われりゃそれまでだけど、できなかったことができるようになる、前回の自分より進歩している、というのは大いに発奮材料になる。一手進むと狂喜乱舞するのと何ら変わりはない。

 

 岩登りも自分の日々の細かな推移を計るようにしていたら、もう少しマシになったのかもしれない、などと思いながら今日も山に向かう。やっぱり計らないんだけどね。