ぶら下がり日誌〜ボルダラーへの道〜

子育て、仕事、パン、文具。ときどきファミコン。

バルダーボウ

 スーパーファミコンに『トルネコの大冒険』というソフトがあって、当時のコピーが「1000回遊べるRPG」だったそうだが、たぶんもう、それ以上の回数ダンジョンに潜っている。

 

 これ、はじめてプレイしたのは小5のころだったかな。7、8年前にとりだしてまたプレイして、いまになってまたソフトをさがしているがみつからない。きっと実家にあるのだろう。中身の方が宣伝を超えているというのがいい。

 

 ちなみにソフトがないので今はQuestの『タクティクスオウガ』をプレイしている。これも名作。緻密なゲームシステムと適度な難易度が心地良いです。