ぶら下がり日誌~ボルダラーへの道~

釣りときどきクライミング、そして父になる

牛歩

 この1年で竿を2本、どちらも釣りとは関係ないところで折っている。

 

 トップガイドを折った竿を、2番目のガイドを先端としてそのまま使おうとしたが、どうにも具合が悪い。少し力を入れて投げると糸が切れてしまう。ガイド絡みとも思えるがはっきりしない。突如として切れる。呆然とする。結び直す。また切れる。繰り返しである。

 

 真ん中から折った竿は、器用な人に継ぎ直してもらったものの、思いきり投げたらやはり同じ箇所が壊れてしまった。まあ、そんなに簡単には直せないよな。諦めきれずに根元の部分だけ使って投げたらタコが釣れた。これは、ひょっとしてその辺の棒でもいいんじゃないか。

 

 というか、タコ釣りについて調べてみると、どうやら手釣りというのもあるから、その応用で、カウボーイの如くタコエギを投げれば行けるんじゃないか。竿もリールもなければ痛める心配もないものね。

 浅場ならちょっと投げれば済むし、それでちょっとやってみるかと、半ば本気で考えだしたところ、冬が来て、サッパリ何も釣れなくなった。寒さのために沖に出ていってしまったのだろうか。これまた定かではない。

 

 そもそも冬の早朝はシティ中年にはこたえる。もはや修業である。

 

 何せ、適正ルアーウェイトの上限まで行かなくても、強めの糸を巻いても、投げるとちょいちょい糸が切れる。「キャスト切れ」などと検索して、投げ方を変えたり、糸を変えたりして、少しマシになった程度、魚を釣る以前に、釣りに行って何もロストせずに帰ってくるのを目標にしているような有様である。

 

 運良く糸を切らずに遠投できても、ルアーがどこを泳いでいるのかよくわからない。エギを投げると少し水深があるだけで途端に何をしているのかわからなくなる。

 こんな調子で1年やって数尾でも釣れたのだから、よほど運がいいのだろう。ビギナーズラックの存在は疑いようがない。

 

 ぼちぼち2年目に入るので、少しは釣れるかと思って、先週、久しぶりに河口に出かけたら、また糸を切って、雨の中を悄然として帰宅する仕儀となった。少しも上達していない。チヌはたくさん見えたのだけどな。

 

 これはもう、この1年で何ができるようになったか、という風に考えた方が良さそうである。そう考えてみると、潮汐について知ったり、釣魚の生態を調べたり、糸の結び方を覚えたり、途端に有意義であったような気がしてくるからおかしなものだ。

 

 道中すでに楽しいから、それはそれでいいのだろう。これで魚が釣れたら本当に言うことはない。