ぶら下がり日誌~ボルダラーへの道~

釣りときどきクライミング、そして父になる

灯明

 20年ほどビールを飲み続けて、紆余曲折を経てエビスに決め打ちして、さらに数年が経つ。数多くの嗜好品からどれかひとつとなったとき、人は気に入ったものの中から供給の安定しているものを選ぶようである。この辺はクライミングシューズについても同じことが言える。

 

 ちなみにビールに関しては、入手しやすさを考慮しなければ、マーフィーズも入れたい。ギネス党からすれば手ぬるいかもしれないが、こういう味が好きなのだからまあ、仕方がない。

 

 一方で、年々増え続けた酒量が落ち着くとともに、減らなくなって久しい。「酒を薄める」などというのは、酒徒の風上にも置けぬ行為だから厳に慎むべきで、薄めるくらいなら飲むな、であるし、同様の趣旨でホッピーも却下していたのだが、諸般の事情からそうも行かなくなってきた。有り体に言ってミジメである。

 

 この前たまたま獅子文六の『私の食べ歩き』を読んでいたら同じことをしていて、ひと言「愚策だった」と片づけられていた。まあ、そうだわな。しかしながら、それとわかっていても試みてしまう、自分で体験してみないと気が済まないのもまた、酒飲みである。

 実証主義、現場主義というのは、岩でも釣りでも酒でも、あまり変わらぬようである。