ぶら下がり日誌~ボルダラーへの道~

釣りときどきクライミング、そして父になる

音楽を聴こう0

 たまには音楽の話をしよう。

 

***

 

ファラオ・サンダース『Pharoah』

 1976年作品。フリーソウルとフリージャズの間をたゆたう感じがとてもいい。こういうのを巷ではスピリチュアル・ジャズとかいうらしい。CDは廃盤になっているもよう。困るんだよなそういうの。

 

D’Angelo『Voodoo』

 たしか2ndだったかな。寡作だよねこの人。3rdは聴かなくてもいいかな。1stはどうだったか忘れてしまった。ソリッドでダークでうろんな悪者感が全篇にわたって漂う。黒シャツにサングラスでこれを聴いたら、普段の仕事はしにくいだろう。

  

●Pilote『Turtle』(Bonobo Mix) 

オリジナルはダビイでメロウなブレイクビーツ、どこかフィッシュマンズを思わせるなあ。Piloteの版がその場でゆらぎながら浮遊しているとすれば、このミックスはもっと旅めいている。どこか非現実的な美しさを湛えた空間を移動していくような、そんな感じか。

 心がざわついてしまうので、チルアウトには向かんかも。