ぶら下がり日誌~ボルダラーへの道~

釣りときどきクライミング、そして父になる

ライ・クーダー

 アメリカン・ルーツ・ミュージックの体現者の一人であるとともに各地のルーツミュージックの発掘から仲介、紹介までしてしまう偉い人。演出家みたいにならないところがいい。演奏者であり続けているのが、とっても渋い。

 

 いまや「ルーツ」といってもすぐにはつながりが見えないほど細分化され多様化されタコツボ化されごちゃ混ぜにされているから、末端付近にいる我々はパッと聞いたところで「悪くはないけど古めかしくてキックが足りんなあ」となるのが普通。五、六年ほど前にこの手のものをジャンル問わず「スルメ系」と名づけることにした。かめばかむほど味が出る、でもかまなきゃ味は出ない、ということで。

 

 たのしさが向こうからやってきて当たり前のこのご時世、スルメ系の復権を夢見ている人はまあ、いないわな。だいたいスルメ系人間は見ている夢について大っぴらに語ったりはしない。

 

 かむのが面倒な人には『パリ・テキサス』、「カレーは飲み物だ」というツワモノには『ブエナ・ヴィスタ・ソシアル・クラブ』を勧めます。これらを観ればライ・クーダーにポジティブな先入観を持てること請け合いです。よしんば興味がなくともこの二本は映画として観て損はない。

 

 ヴィム・ヴェンダースの作品に漂うさすらいと喪失、時に見え隠れする救済の感覚、できれば映画館で観てほしいなあ。個人的には『リスボン物語』が明るめで◎。『アメリカの友人』も捨てがたい。

 

 しかしパトリシア・ハイスミスってやたら映画の原作になっている気がするけどどうしてだろう?