ぶら下がり日誌~ボルダラーへの道~

釣りときどき岩、そして

万法

 いつもの岩場にクラック課題とおぼしき3級があって、時々手を入れてみるが全然効かない。下地が平らでないせいか、登られている形跡もない。

 

 観音でもなんでも登ればいいような気もするが、課題名が「登龍門」だし、これはジャミングで登りたいな。

 

 どうにかならんかと思っていたら『ピート・ウィタカーのクラック・クライミング』が県立図書館にあったので借りてきて読んでいる。『マトリックス』じゃあるまいし、読んでできれば世話はないのだけど、面白いのでチマチマ読んでいる。

 

 これは、2週間で読んで返して終わり、というよりは、書棚に入れて必要なときに取り出すか、取り出さなくても手元に置いておきたい類の本であるな、そう思って本屋さんに出かけたら、なぜだか店頭にない。「本なら何でもそろう」宮脇書店にも置いていない。

 さてはクライミングジムにしかないパターンか。このご時世、もう2年以上ジムに行っていないし、いまさら行くのもちょっとシンドイ感じである。

 

 とはいえ王子が岳も決定版らしきトポが出ているようだし、どこか物販のありそうなジムに、平日カードを切って足を運んだ方がいいのかもしれない。この手の書籍あるあるは「初版が売れたらあとは在庫なし」だからなあ。

 需要がニッチすぎると発行部数の見込みがつけづらく、いきおい控えめになるというパターンなのか知らないが、たまには本を買ってもいいだろう。

 

 雨か雪が降ったら買いに行こう。

 

 

 

f:id:krokovski1868:20220109192901j:plain