ぶら下がり日誌~ボルダラーへの道~

釣りときどき岩、そして

無面目

 一体誰が言い出したのか知らないが「行った後悔より、行かない後悔」なのだそうだ。「夢は美しいままに」をモットーに生きる人間には住みにくい時代だぜ。

 

***

 

 今朝がたラジオを聞いていたら、コミュニケーションに関する新書の書評をしていた。会話と対話の違いとか、同質のグループに長くいたから社会に出ていきなり大ヤケド、とかそういうの。

 

 対話は必要がなければ訓練されないから、必要がないってことはそれで構わないんだろう。グローバル化の波にさっさと呑まれてしまったらいいのだ。

 

 会話のキーワードが「察する」だとすれば対話のキーワードは「発する」あたりにしておくか。対話は常に危険をはらんでいて、何かと言ったらこれが喧嘩の危険。

 

 

 

f:id:krokovski1868:20220321204015j:plain