ぶら下がり日誌~ボルダラーへの道~

釣りときどき岩、そして

馬歩

 最近の発見。

 

・ナイファンチの姿勢を作るとき、足の小指を巻いて壁を作るようにすると、すこぶる安定する。さらに、足首から下を絞って拮抗させると、膝の負担も多少マシになる。

・スタビライズ系のトレーニングの時、背中を長く、首を長く、肩を落とす意識を持つと、うまくいくことが多い。

・自転車を漕ぐとき、踵を上げる。すると勝手にペダル荷重が増える。

・ハンドルを握らないで、置くだけにする。同じく勝手にペダル荷重が増す。

・とくに立ち漕ぎのとき、立甲の要領で肩をゆするようにすると、うまく脚に力が入る。

 

 実際正しいのとかどうかは、例によってもう少し続けてみないと判断できないが、わりと劇的に変わったのでメモ。

 

 いま試そうとしているのは、足裏のアーチをきちんとつくること。これが思っているより大事なような気がしてきた。手始めにインソールを買ってみる予定。これまた要継続調査。