ぶら下がり日誌~ボルダラーへの道~

釣りときどき岩、そして

DTM事始

 DTMとは、Desktop Musicの謂いだそうである。何回聞いても忘れちゃうんだよなこういうの。

 

 近頃リサイクルショップに行くことが多くなって、ゲームソフトを眺めるついでに店内を物色していたら、MIDIコントローラーというかパッドというか、そんなものがぽろっと出ていたので、思わず家に連れて帰った。AKAIのMPK mini MK2、お値段4,800円。AKAIといったらMPC、ということで。

 

 1年ほど前、ひょんなことからJ.DillaがAKAIのMPCを使ってTCQの3作目のビートを作っていた、というのを知って、それでどんな音だったか気にしていたのである。だからTCQも中古屋で探しているのだが、これが意外に見つからない。2作目の『Low End Theory』などは名盤だと思うのだが、一向に見つからない。

 ヒップホップというか、ああいうカルチャーには正直乗れない―だって強面すぎるよね―ものの、サウンドは好きなんだよな。そういうことってある。

 筆者がブルースロックから入ってブルース、ジャズと来て、そこからアンビエントとかエレクトロニカとか、そういう方に行って、何となく一周した感じになっているから、気に入って当然といえば当然なのかもしれない。

 

 動画共有サイトアルゴリズムによると、この手のビートに日本語のリリックを即興で自然に乗せられる人間が、少しずつ出てきているようだ。

 読経や講談、落語の類は、ラップと親和性が高いと思う。そこにリズムと語彙と韻が入ればいいのだろうが、方法論は全然わからない。もう少し聞き込めば何か見えてくるかもしれないが、ちょっと今は取りかかれそうもない。

 

 ひとまず件のAKAIをPCにつないでみたものの、音を鳴らすだけでひと苦労。これ、チュートリアルというか、不親切すぎねえか? 初めて買った人間のうち、一体どれくらいが実際にトラックを作れているのか、心配になってくる。

 

 とりあえず音は出たけれど、トラックをどうやって録音すればいいのかがわからない。これでは楽器がひとつ増えただけである。またも道遠し。