ぶら下がり日誌~ボルダラーへの道~

釣りときどき岩、そして

Toner Fish

 さてそれから春風秋雨、十年の時が流れました。

 

***

 

 トンネル。一直線に伸びる白色灯。通り過ぎる電車と、それが連れてくるつむじ曲がりの風。

 外には細かい雨が降っているから、トンネルの出口は白くぼやけている。うすもやの中に電柱と高架が続いているのが見える。

 

 何もかもが遠い。自分が自分自身から遠い。アナウンスは明瞭な発声で電車の到着を告げているのに、何かを置き忘れてきたように感じる。何か精神的なものを。

 

 盛夏だというのに台風の接近のせいでまるで6月のように蒸す。たぶんこんな日に出かけるべきではないのだ。傘もないのに。