ぶら下がり日誌~ボルダラーへの道~

釣りときどき岩、そして

Sense of Wander

 先日、息子が水平の世界を認識した。やおら首を持ち上げたかと思うと不思議そうに辺りを見回して、次の瞬間、首の重みで回転して床に頭をごちんとぶつけて、吃驚して泣いた。

 

***

 

 新たな道具を得て、せっかくゲルゲハントに出たというのに、どうやら時期が去ってしまったらしい。去年もそうだったが、8月頃にいったん釣れて、しばらく落ち着いて、それから10月の小タコシーズンに入る。たんなる偶然なのか、わからない。

 

 偶然といえば、この間たまたまTVをつけていたら、タコの生態に関する番組をやっていたのだが、タコというのは、あれは生後1ヶ月だとものすごく小さいのですね。色も透明で、海底で過ごすのではなく、水中のプランクトンを食べるのだそうである。

 タコの寿命は2~3年といわれていることを考えると、小タコサイズになるのに、少なく見積もっても2か月くらいはかかるんじゃないかという気がする。

 

 親タコが5月下旬くらいから浅場にやってくるとして、産卵が終わった後はどこへ行くのだろう。水温が高ければ浅場に居続けるのだろうか。だとすれば夏場から秋にかけて一貫して釣れないと辻褄が合わないが、実際はそういう感じでもない。

 産卵後、卵を守っている間は雌が捕食活動をしないから、その時期を釣れにくく感じるのだろうか。そういえばこれまで釣り上げたゲルゲは3体とも雄だった。

 あるいは、カニの脱皮がぼちぼち終わって、このポイントが前ほど蛸にとって魅力的でなくなっているのだろうか。それとも、今日はポイント付近にブイが浮いていたから、そちらの蛸壺に入ってしまったのだろうか。

 秋タコ漁のハシリが今頃なのか、漁師さんがこのポイントに壺を入れる時期がちょうど今頃なのか、この辺もまだうまく整理できていない。漁協の情報によれば、半島の秋タコ漁は10月からだった筈なんだけどなあ。

 

 そうそう、これも前述のTV番組で知ったのだけれど、13番目の吸盤が大きいのが雄なのだそうです。これまでずっと吸盤がガチャガチャしているのが雄だと思っていたが、これで正確な判別ができそうである。

 

***

 

 なお、ベイトリールは数投であっさりバックラッシュ。これは難しいわ。巻きは劇的に軽くなって、いい感じではあったので、どうにか投げられるように練習しよう。その前にリールにひと通り注油したほうがよさそうだ。

 

 そして、これまた今頃気づいたのだが、フォアグリップにすると疲れがぜんぜん違う。これなら身体を痛めずに長時間釣りができそうである。