ぶら下がり日誌~ボルダラーへの道~

釣りときどき岩、そして

Every Wall Is a Door

 学者などというものは、書物の紙魚とともに縁側でひなたぼっこでもしていればよろしい。

 

***

 

 今朝ふと思い立って居間の桟に指を掛けたら、何とぶら下がれるようになっていた。オープンではまだ無理だが、指を立てればできる。

 

 この部屋に移って来たときにはできる気がしなかったから、およそ1年半かかったことになる。あまりのうれしさに計ってみたら9㎜だった。都にいた頃はMicrosの8㎜まではぶら下がれていたから、もう少しで元に戻れる。ちょっとずつでも、やってりゃ適応するんだな~。

 

 以上、報告終わり!