ぶら下がり日誌〜ボルダラーへの道〜

子育て、仕事、パン、文具。ときどきファミコン。

さいきょう

 たまにはレトロゲームのはなし。

 

 むかしのロールプレイングゲームに「さいきょう」ボタンというのがあった。FF5や6などにあったとおもう。もっているアイテムのなかから、キャラクターが装備できる品をオートでえらんでくれるというものである。

 

 詳細がどんな仕様になっているかは、わからないのだが、これが「さいきょう」でも「さいてき」でないというのがミソで、とくにボス戦のまえなどは、このボタンをおしたあとで装備をいじるのがたのしく、すてきな組み合わせができるとそれだけで達成感をえられた。相手はスーパーファミコンなのだけど、こういうのは相互作用的といえなくもない。

 

 それでおもいだすのはFF5のチキンナイフとブレイブブレイドである。どちらかしか入手することができずー裏ワザがあるのか知らんー、前者は戦闘からにげた回数によって攻撃力がきまり、後者はふつうのつよい武器だったと記憶している。

 

 ストーリー上では武器の仕様は明かされないので、アイテムをくれる老人の話につられて、ブレイブブレイドのほうをえらんだプレイヤーも多かったのではないかとおもう。また、チキンナイフは最初はまるでよわい武器なので、「さいきょう」では候補にもあがらず、結果、まったく顧みることなくそのままゲームクリアしてしまったひともいたのではないかとおもう。

 

 こうしておもいだすと、ジョブシステムとともに、戦闘まわりにかんしてFF5は図抜けていたような気がする。とにかく遊びごころがふんだんにあり、それでいてバランスがとれていた。

 

 いま、FFシリーズからどれか選べといわれたら、3か5とこたえる気がする。ドラクエなら2か3か4か5。選べない。

 

 ターン制バトルのはなしはまた今度。以上、連絡おわり。