ぶら下がり日誌~ボルダラーへの道~

釣りときどきクライミング、そして父になる

よしなし

水中経済

リムジンバスといい飛行機といい、いっぱいである。満員御礼である。せめて平日の便にすべきだったな。コロナは何処へ行った? *** 空港の時空は歪んでいるから、5分の遅れはないも同じだ。≓ゼロ。搭乗口でTVを見ていたら「強制貯蓄」という言葉が聞こえ…

菊千代

先日、3回目のワクチン接種を受けてきた。半年前の2回目接種のときは副反応で数日ぶっ倒れていたので、全力で警戒していたところ、今度は何も起こらない。 ・・・いやまあ、いいんですけどね。しかしなんというかこう、肩すかしといいますか。 この間の寝違…

Reactionary

やってしまった。寝違えである。痛くてご飯が食べられない。ペットボトルのお茶を飲むのもやっとで、眠る体勢をつくるのも難しい。 「しかし食わんと治らんし」と思ってスーパーに出かけたら、レジに並んでいる間に身体がシビれてきた。辛うじて会計を済ませ…

閻魔

サヨリ釣りの近況。ポツポツと釣れてはくれるものの、数釣りに至らない。昨日は7尾。条件が揃わないとどうしても難しい。 *** 今日は重ギヤを試してみようということで、半島に行って、坂を下りながら加速して平坦路を立ち漕ぎで全力で踏もうとしてみた。…

Search and

先日来、県下のリサイクルショップをしらみつぶしに回っているものの、自転車は見つからない。アカンか。 どうやら自転車を売るときは店頭で防犯登録を解除しなくちゃならないらしい。件のバイクを防犯登録していたかどうか、もはや覚えていないわけだけれど…

丹翁

続続々・自転車の話。 krokovski1868.hatenablog.com *** 実際に路上に出てひとしきり走ってみた結果、自重以外のほぼすべての面で以前のマシンを上回っていることが判明した。何てこったい。 ・ママチャリの快適さでロードのスピードが出る。軽トラから…

かわりぺんたん

続々・自転車の話。 krokovski1868.hatenablog.com *** 今日はことでんに乗って自転車屋さんへ。讃洲へ来て3年目になるが、密を避けて公共交通機関を使わぬようにしていたから、ことでんに乗るのはこれがはじめてである。 実際問題、電車は速くて何より楽…

Weekend Theory

続・自転車の話。 krokovski1868.hatenablog.com *** 今日はママチャリで屋島を一周して、それらしい自転車が乗り捨てられていないか探したものの見つからず。そう甘くはない。 思うに、もし仮に自分のマシンが走っているのを見つけたら、取り返さないわ…

Power of Love

さて、件の自転車である。釣り場に行く途中の林道脇に停めて、帰ってきたらなくなっていた。茂みに入れるとき「ちょっとデロリアンみたいだな」とふと頭をよぎったのだが、本当に忽然と消えた。不法投棄と間違えられてしまったのか。謎である。 その場で家人…

空鳥

フランスの諺に曰く、「金を貸す者は金と友情を失う」。 *** ところで最近ようやくアマモがどれだかわかった。たしかにこの辺りの砂地によく生えている。するとそうでないのがカジメかホンダワラということになるのか。 どれがどれだか、絵入りで解説して…

Static in the Flow

流れの中で静謐に。 *** 「飯食わないと集中力落ちる」とか「気ィ張ってると回復しない」とか、いわゆる「~する(しない)とうまくいかない」という文型は、まあ言い訳としてはイマイチだ。さりとてどうすりゃ上手くいくのかまで分かっていたら苦労しな…

シャモン

だんだんと遊んでくれる人の顔ぶれが変わっていく。自分も周りも変わっていくから、当然と言えば当然なのかもしれない。この数が少なくなってくると、やはり哀しいが、さりとてどうすることもできない。 *** 生きていると実にいろいろなことにぶつかる。…

ピョン吉、走る

「若い頃には旅をさせよ」というのは「ひよっこのうちにできるだけひどい目に遭っておきなさい」のパラフレーズだと思っていたのだが、そうでもないのか知らん。 *** 対話というよりは、独白に近い。自分の好むような相手にするために言葉を使っている。…

ボブと七郎

節約は好かん。めんどくさくてしんきくさくて、節約をしていると、世の中にはもっとほかにするべきことがあるんでないか、と思えてくる。 結局、収入を増やすというのが容易ではない。獲物を捕ることをもっと真剣に考えないといけないのかもしれんが、そんな…

Get Stoned

閑すぎて身体から草が生えそうだ。 *** 「違いのわからん人だなあもう!」と思ったときの対処法。 1 無視する 2 趣味を悪くする 3 わざと間違える ・・・ンー、どれもいまひとつ。 違いがわからないときどうするか。わかる人に聞いた方がいいよな。聞いて…

馬歩

最近の発見。 ・ナイファンチの姿勢を作るとき、足の小指を巻いて壁を作るようにすると、すこぶる安定する。さらに、足首から下を絞って拮抗させると、膝の負担も多少マシになる。 ・スタビライズ系のトレーニングの時、背中を長く、首を長く、肩を落とす意…

取り組み方

いずれにせよ日々失っている。私はあそこでは片目を閉じていたが、そのことすら忘れかかっていた。 時に目を閉じるのは有効だ。つまらぬものから目を背けるために? ・・・まさか。 *** 制度というのは、使わないと形骸化して、廃れていくものだと思う。…

空中感覚

何度試みてもうまくいかない目標―両唇を離さない。 *** 自分中心の話題や振舞いはNGであるという。筆者はボールを持ったら自陣からそのままゴールに向かうことしかできないので、完全にアウトである。ゴールを決められている限りはまだいいのだけれど、そ…

トリケプス

うたが出てこない。というより、前は詩的散文であったものが、うたになり、うたが一言半句となり、一言半句がいまは泡のようなつぶやきになって居る。 だからまだ、うたはこぼれている。何かのきっかけでまた流れ出すだろう。 *** 最近の発見。自転車のチ…

CACC

蛇のようにさとく、鳩のように素直でありなさい。 ―福音書、だったかな。忘れた。 *** 遊んで暮らすのにかかるお金がどれくらいになるものか、うっすら試算してみよう。 ・クライミング シューズとチョーク。花崗岩ばかり登っているせいか、ソールがどん…

たまの光

節税の何とも言えない面倒な感じ、これはどこから来るのだろう。自分のことだから自分できちんとせねばならないのだが、とにかく億劫で仕方がない。投資についても同じ感覚である。「きちんとしなければいけない」と言われるとそれだけで取りかかりたくなく…

Break On Through

すぐに「世界は~」などと言い出す人間がいたら、ちょっと気をつけた方がいい。すぐに「全てが~」などと言い出す人間がいたら、かなり気をつけた方がいい。 *** 思いやりがどのようにして育まれるのかについて、このところよく考えている。じきに親にな…

奇縁

蓄財話の続き。 krokovski1868.hatenablog.com *** 服のサイズを変えないというのが割に節約になりそうだ、そう思って我が身を省みたところ、同じジーンズを平気で15年以上履いていた。またしてもすでに10倍界王拳を使っていたパターンか。 というか、こ…

俸給

蓄財についてつらつら考えていたところ、もろもろ一周して生活残業が最適という結論に至ってしまった。なんてこったい。 それ以上の蓄財に関しては、やりたいことを副業の範囲でできるかどうかに尽きるような気がしてきた。自分の場合、良くも悪くも、やりた…

ファットマックス

人類はスポーツを通して希望の機械になろうとしている。 *** 勘と経験は異なるものだという。勘には職業的なものもあるし、一般的で抽象的なものもある。正誤の判断に関わるものもあれば、予知に近いのもある。 勘は研ぎ澄まされた五感と経験の上に生じる…

さぬきの夢

誰もが自分の文脈に沿って暮らし始めていた。大抵の場合、それらはより大きなカテゴリに包含されてしまってはいたものの、大した問題にはならなかった。少なくとも表だって文句を言う者はいなかった。 何かを言わんとする者には言えない理由があったし、言っ…

ペシミストの憂鬱

さて、席替えだ。急に何か書こうと思っても、なかなか思いつかねえな。なんとなく体調も悪いし、しばらく前に抜いた親知らずに違和感があるので、全力投入というわけにいかない。朝っぱらからこれではこれからの一日が思いやられる。 しかし4日も職場を離れ…

無面目

一体誰が言い出したのか知らないが「行った後悔より、行かない後悔」なのだそうだ。「夢は美しいままに」をモットーに生きる人間には住みにくい時代だぜ。 *** 今朝がたラジオを聞いていたら、コミュニケーションに関する新書の書評をしていた。会話と対…

摘果メロン

米は一年、木は十年、人は百年。 *** ・・・ウーム、無不為の中で無為に至るというのはわかるが、無為の中で無為に至るのは難しいみたいだ。してみるとある種の目標というものは、直接狙わずに間接的にアプローチした方が望ましいのかもしれない。 もし何…

三人三様

・子ども、肖像→仏 ・風景→仏堂 ・群像、肉体性→動きの中の本質、非演出 *** どの作品にも「土門拳」という強力な個性が刻印されている。確固とした審美眼に裏打ちされた明快な力強さが伝わってくる。ある種単線的とも見えるそれは、撮る対象が本質であっ…