ぶら下がり日誌〜ボルダラーへの道〜

子育て、仕事、パン、文具。ときどきファミコン。

またねたねこまた

 きのう息子がデザートの甘夏をわけてくれなかった。食いもののうらみはおそろしいyo!

 

***

 

 さておき、菊池寛ばなしのつづき。

 

krokovski1868.hatenablog.com

 

 菊池寛記念館で古本まつりをしていたので妻子とともにでかけてきた。たまたまNHK高松の収録がおこなわれていたうえ、とちゅうで息子がシャウトしたため、長居はできず。

 

 入館料200円で15冊までもちかえりOKという大盤振舞いだったのに、もちかえったのは2冊のみ。ハヤカワ・ミステリのミッキー・スピレイン清水俊二訳と田中小実昌訳。

 

 出張のときに電車のなかで読もう。以上、連絡おわり。