ぶら下がり日誌〜ボルダラーへの道〜

子育て、仕事、パン、文具。ときどきファミコン。

コンピテンシー

 ひとの内面のさまざまな要素の組み合わせのこと。

 

***

 

 もっているリソース、すなわち所持品と資質や技能の整理。1年たってようやく棚卸しも目処がついてきた。

 

 結局、ギターも万年筆も属性のようなものだ。20年ちかく認めないぞとがんばっていたが、もはやこれまでとあきらめた。手入れしながらさいごまでつかう品として、このふたつと生きていく。さぬきにきてようやくその肚ができた。

 

 真空管アンプもそうだが、長年にわたり便利さを享受し、ありものでその場その場を済ませてきたにもかかわらず、気がつくと手のかかるものばかりあつまっている。すこしずつすてていった結果、内需の洗練としてのこったものと、不便だろうがかさばろうが、属性として刻印されたものがのこったということだろう。

 

 そもそも道具とは仏道修行のための用具に由来するので、そのあつかいに修業がいるとしても不思議ではない。万年筆にしてもマーティンD-28にしても、すぐにつかいこなせるほうがおかしいのである。

 

 なんせ、ギターに万年筆ひとつずつなら、なんとかなるだろう。以上、連絡おわり。