ぶら下がり日誌〜ボルダラーへの道〜

子育て、仕事、パン、文具。ときどきファミコン。

この色は、なに

 さいきんの息子。パソコンからテレビにつないでYou Tubeを見せたせいで、立ち上げると期待の眼差しでこちらを見る。ブログはスマホから投稿することにしよう。

 

***

 

 万年筆のインクばなしのつづき。

 

krokovski1868.hatenablog.com

 

 ダークグリーンもいい。これまでのところ、どのインクも微妙な色味になっている。自分のおもっていたのとちがう色がでるのも新鮮だし、徐々に褪色していくのも見ていて飽きない。

 

 つまるところ水彩絵具のような感覚だろうか。童心に帰っているだけかもわからない。

 

 このぶんだと、定番の黒や青も、メーカーがちがえば別ものとおもっていいのかもしれない。ジャイアントカートリッジも装着できたし、これでまたしばらくあそばせてもらえそうだ。

 

 以上、連絡おわり。