ぶら下がり日誌〜ボルダラーへの道〜

子育て、仕事、パン、文具。ときどきファミコン。

娑婆駄場

 書物のほんとうの喜びは、なん度もそれを読みかえすことにある。

 

***

 

 問題の言語化と構造化のためのtips。

 

1 自分が問題だと感じていることに関係のありそうなことがらをすべて列挙する

 

つづいて

 

2 それらの関係を表現してみる

 

3 それらを組み立てる

 

 そのようにしてはじめて問題の構造が捉えられる。自分の問題だから自分にはよくわかっているように思いこんでいるのだが、じつはいちどこうして外部に表現、フィードバックしないと、ほんとうにはわからないのだな。

 

 まあ、これにしたところで、組み立てかたがわるければサッパリ役にたたないこともあるが、何もしないよりはマシかとおもう。

 

 なお、関係のありそうなことがらをさがすためのtipsまでは解明できていません。強いていえばうっすらと在処のわかっている探しものを見つけにいく感じにちかいとおもうのだけれど、このような感覚的な発言にはむろん、なんの信憑性もない。

 

 じっさい、どうすりゃいいんだろうな。数年後にまたかんがえるか。以上、連絡おわり。

 

f:id:krokovski1868:20211229075316j:plain