ぶら下がり日誌~ボルダラーへの道~

釣りときどきクライミング、そして

Where did I go wrong?

 ところでトルコの諺に「明日できることを今日するな」とあるけれど、これって「今日できることは今日のうちにしておきなさい」ということでもあるのか。10年かかってようやく気づかされた。

 

 こんな風に示唆を得られることもあるから、時には長年放置して疑問と思わなくなりつつある事柄を選んで、他人に口走ってみると、いいことがあるやもしれない。

 

***

 

 万年筆にもお国柄が出るという。モンブランは硬いと思う。とある文房具屋の主人によれば「日本の文字は日本の万年筆のほうが向いている」そうな。肯ける話である。

 

 道具へのこだわりは大事だ。別に高いものを選ばなくたっていいだろう。Pilotの1,000円のとかでも決して悪くない。ぼちぼちボールペンを卒業しようかな、と思いつつ、これまた10年以上経過している。

 

 万年筆に求められるのは精神の重厚さと大らかさで、これを育むどころか、瞬発力や手数を伸ばすことに注力してきたから、急に使おうとしてもちょっとやそっとでは馴染まないんだよな。ステップを踏んで間合いを取るのに慣れている人間に、いきなり擦り足を要求するようなものである。

 

 まあ、しかし「他人の靴に足を入れる」という諺もあることだし、習慣の力は偉大だが、たまにそこに揺さぶりをかけるのは良いことだと思うし、ひとまずトライしてみるか。